12.緊急入院を告げられ動揺した話

  • URL Copied!
チョウゲンボウのアイコン画像チョウゲンボウ

救急外来から自宅に帰ってからお粥だけ食べてたよ。
食欲が少しあったんだ。

痛みでほとんど眠れないが、ときおり襲ってくる少量の血便下痢に耐えながら、家族に連れられ予約したT病院へいくことに。

チョウゲンボウは完全に救急外来で処方されたお薬「経口バンコマイシン」が効いた?と勘違いしていました。

目次

再受診から検査入院へ

平日T病院へ到着すると、救急外来とは違い総合受付できちんと手続きをし問診の順番を待つことにしました。

最近の総合病院は、コンビニエンスストアや小さなレストランやカフェがあってとっても便利。

2日ほど何も食べていなかったので、ランチを食べにいくことに。豆腐ハンバーグ定食を食べてしまいました。

お腹がこれだけ痛いのに食欲が落ちないのも不思議。食べると心が満たされました。

検査結果をきいて薬をもらって自宅療養するのだろうと、思い込んでいました。

再受診

問診前に看護師さんから検便するように言われ、特殊な検査キットをいただくも下痢状態がひどく仕方なく紙コップで採取、試験管に入れ提出しました。

通常の人間ドックで使用される検査キットでは、チョウゲンボウの場合検体が足りないそうです。

前回採取した冷凍保存の検体からは、正確な情報が検出できなかったため、現時点で新鮮な検体(便)を採取し、細菌の種類を特定する必要があったようです。

問診の順番がまわってきたので、病名がわかると期待していました。

男性医師のアイコン画像男性医師

その後どうですか?血便はとまりましたか?

チョウゲンボウのアイコン画像チョウゲンボウ

先日より治まってますが、水を飲むだけで紫色の便が出る状態です。
食事もとれるようになってきました。お薬が効いたのでしょうか?

男性医師のアイコン画像男性医師

今日から入院できますか?
許可するまで食事をとらないようお願いします。
絶食と点滴、病気を特定するため緊急内視鏡検査をします。

チョウゲンボウのアイコン画像チョウゲンボウ

先月大腸内視鏡検査を受けたばかりなんですが。「異常なし」でも内視鏡検査をする意味があるのでしょうか?

男性医師のアイコン画像男性医師

慢性腸炎等の病気に突然なる人もいます。
未だに発症原因など特定されていないのです。
前回の内視鏡で見落としの可能性も否定はできないので、再検査する必要があります。

入院し絶食治療をおこないながら、緊急内視鏡検査の順番を待つことになりました。

入院手続き

まず、子供がいるか確認されます。チョウゲンボウは子なしなので何の問題もなかったのですが、子供がいる方は預け先を考えなくてはならないのですね。

一人暮らしでペットを飼っている人も同様に預け先を考えなくてはならないので日頃から緊急時の預け先を考えておいたほうがよいでしょう。

男性医師のアイコン画像男性医師

個室に入院していただくことになります。現在入院患者さんが多くて相部屋が空いてないので。

恐らく流行りのエボラ出血熱の疑いもあったのでしょう。トイレとシャワー付きの個室に入院することになりました。(お金がないと訴えましたが駄目でした。)

パート勤めの身には痛い出費となってしまいました。民間保険も安いものしか入ってませんでしたし。入院途中で安い病室が空いたら移ることができるそうで、しぶしぶ了承。

チョウゲンボウのアイコン画像チョウゲンボウ

入院準備のため一度自宅にもどってもいいでしょうか?

男性医師のアイコン画像男性医師

本当は今すぐ点滴治療をはじめないといけません。何も口に入れないでください。ご家族に準備してもらってはいかがですか?

チョウゲンボウのアイコン画像チョウゲンボウ

主人は家のことがあまりできないもので。。

普段からもう少し家事分担をしておけば良かったなと反省しました。

男性医師のアイコン画像男性医師

病院に戻られたら入院専用窓口で手続きをしてください。入院の細かい注意事項等は病院のホームページをみてください。

とにかく救急の先生には、ドタバタしてご迷惑をかけながら3泊4日の入院生活を送ることになりました。

まとめ

  • 自己診断はあてにならないので医師のいうことをよく聞くこと(少し痛みがひいたぐらいでは治っていないことがある。)
  • 血便止まるまで、普通の食事はNG(医師は痛くて食べれないと思っていたらしい)
  • 夜間診療では病院スタッフや医師に負担をかけてしまうので、体調が悪いと感じたらなるべく昼間に受診する。(今回は連休中につき、やむを得ない)
  • 一人暮らしの人は突然の入院に備え、子供やペットの預け先を考えておく。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる