13.はじめての入院準備に手間取った話

  • URL Copied!

自宅にもどるとすぐに入院に必要なものを準備しました。

まずは、会社に連絡して明日以降お休みをいただくことになりました。

急なことで、戸締りや家の生ごみを捨てたり最低限のことをしました。

ハッキリいって病気の治療に比べたら、どうでもいいことです。主婦の性分というか。。普段から夫婦の家事分担は必要ですね。


目次

はじめての入院準備はどうしたらよい?

最初何をもっていけばよいかわかりませんでした。そんな人のために病院のホームページには入院に必要なものがリストUPされています。

以下はチョウゲンボウがあると便利だと感じたものをプラスしてます。

入院時必要なもの
  1. 洗面用具(石鹸、シャンプー、タオル、バスタオル、歯ブラシ、歯磨き粉、箱ティシュ、洗面器、)
  2. 化粧品類(保湿効果のあるもの)洗顔料、生理用品(止血用)
  3. 寝巻、ガウンまたはカーディガン、下着類
  4. 携帯電話、スケジュール帳、筆記具、イヤホン(テレビ用)、めがね
  5. 秒針がカチカチ鳴らない置時計(夜、思ったより響きます。相部屋ではご注意ください。)
  6. 食器用洗剤、お茶を飲むコップ、お箸類(病院による)、曲がるストロー、洗濯洗剤(入院日数に応じて)100均に売っている洗濯物干し(小さなもの)、テーブルを拭くウェットティッシュ
  7. 服用中の薬、お薬手帳、健康保険証
  8. 娯楽用品、本、DVDプレーヤー等
  9. 退院時の着替え(意外と忘れがちです気を付けましょう。)
  10. 最低限必要な現金、クレジットカード

タオル、バスタオルは乾きやすい素材のものを持っていくといいですよ。

病院で寝巻、タオル類を有料貸し出ししてくれる場合、利用するのもおすすめです。汚れたら交換してもらえ、衛生的なので。

一日あたりいくらと料金が決まっており、汚れたら何度も取り換え可で、洗濯代よりお得なこともありますので利用しましょう。家族がお見舞いにこれない人におすすめです。(コロナウイルスが流行っている今は特に)

病院にはコンビニエンスストアがあるところも増えています。足りないものはそちらで購入できて安心です。

入院手続きへ

入院準備を整え(ほとんど旅行と同じくらいの荷物を持ち)入院受付(普段の受付とは違う専用受付)で手続きをします。

入院申込書を記入し、診察券、健康保険証、印鑑を提出します。

すぐに入院者を識別するリストバンドをつけられたら手続き終了です。

退院するときまで、つけっぱなしです。逃げられない!

入院まで忙しくて、この瞬間にほっとしたのを覚えています。

入院準備まとめ

とりあえず、現金、クレジットカード、健康保険証があれば入院できるでしょう。

ただし、病院内のコンビニエンスストアで買うと高くつくものもあるので、入院予定日が決まっている人は事前に必要なものを準備しておくことをおすすめします。

緊急入院時は、チョウゲンボウのように一度家に帰るなどせず入院し、家族に手伝ってもらいましょう。

持病がある方は、常日頃から旅行カバンに入院セットを準備しておくと安心です。

検査や治療、食事等のスケジュールが決められ、そのとおりの生活をしなくてはなりません。結構忙しいです。

入院時に音のしない置時計があると便利です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる